タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

上手な HTML タグってなんだろね

 

Google などの検索エンジンは、HTMLの構造により検索結果の順位を決めています。ですから、検索処理に最適な HTMLの構造にすれば検索結果の表示順位を上げることができるそうです。

そんなこといっても、「最適なHTMLなんてわからない!」ですよね。

書籍などを読むとわかりますが、ほとんどの文章は「タイトル」・「見出し」・「段落」などで構成されていますよね。

それと同じで、HTMLも一つのページと考えれば、「タイトル」・「見出し」・「段落」などで構成されることが最適な HTMLではないでしょうか。

HTMLも一つのページと考えて、「タイトル」・「見出し」・「段落」などで構成してみましょう。

 
1 : <TITLE>タグ

検索エンジンが重要視しているのは<TITLE>タグだそうです。<TITLE>タグには、キーワードを含んだサイト名や、ページのテーマを入れておきましょう。それと、2つくらいのキーワードを入れておくのが有効だそうです。

これは、Google などの検索エンジンで検索するとき、1つの単語よりも2つの単語を入力して検索する場合が多いからです。

たとえば、当サイトを例にすると、お小遣い稼ぎの情報がほしいときに、「お小遣い・タダ」とか、「タダ・インターネット」「ネット・お小遣い」などと検索すると思います。

当サイトのサイト名は「タダでネットでお小遣い」ですから、タイトル中に「タダ」「ネット」「お小遣い」と3つのキーワードが盛り込まれています。

 
2 : <H1>タグ

大見出しになるタグで、<H1> → <H2> → <H3>の順番で見出しの重要度が小さくなっていきます。大見出しの<H1>が重視されるので、ここにもキーワードを入れておきましょう。

ただし、<H1>タグはページ内に1つです。同じページ内に<H1>タグが複数あるとスパム行為で、検索結果の表示順位が落ちます。

また、見出しの順番は<H1> → <H2> → <H3>でなければいけません。

ようするに、<H1>タグはページ内に1つで、その下に<H2><H3>と順番に見出しをつけていきます。<H2>と<H3>は順番さえ守れば、ページ内に何回でも使えます。

 
3 : <STRONG>タグ

テキストを強調するタグで、ブラウザで表示されると太字になります。文章中の重要なキーワードは太字にして強調しますよね。

<B>タグを使っている方も多いと思いますが、<B>タグはただ単にその範囲のテキストを太字にして表示するだけのタグです。キーワードとして強調する場合は、<STRONG>や<EM>タグを使いましょう。

 
4 : <IMG>タグの ALT属性

画像などの説明を入れるタグです。検索エンジンは画像を見ることはできないので、どんな画像なのかを説明しておきます。ここにも、ページのテーマに関連性のある画像なら、キーワードを入れれば重要なアイテムの1つになります。

<IMG SRC="★★★.gif" WIDTH="★★" HEIGHT="★★" BORDER="0" ALT="ここに画像の説明を入れる">

 
5 : <P>タグ

段落タグで、話のまとまりごとに<P>タグで段落をつけましょう。見出しや強調したテキストのみのページでは不自然だし、そんな本とかページとかってありませんよね (>o<")

このページ内を見るとわかると思いますが、文章はそれぞれ<P>タグで段落をつけています。2〜3行毎にわけて見やすくなっています。これが、段落です。

 
「タイトル」・「見出し」・「段落」で、上手な HTML(例)
<HTML>

<HEAD>

<TITLE>キーワードを含むサイト名やページタイトル</TITLE>

</HEAD>

<BODY>

<A HREF="★★★.HTML"><IMG SRC="★★★.gif" ALT="キーワードを含む画像説明">

<H1>キーワードを含む大見出し</H1>

<H2>キーワードを含むテーマ</H2>

<H3>項目</H3>

<P>文章始め<STRONG>強調するキーワード</STRONG>文章終わり。</P>

<H3>項目</H3>

<P>文章始め<STRONG>強調するキーワード</STRONG>文章終わり。</P>

<H3>項目</H3>

<P>文章始め<STRONG>強調するキーワード</STRONG>文章終わり。</P>

</BODY>

</HTML>
 

このページの上へ