タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

便利ツール   ソフト

 

メール受信やその他の方法で稼ぐのに共通して言える事ですが、ネットでより多く稼ぐには、 多くのサイトに無料メンバー登録することが必要です。 たとえポイントがあまり稼げないサイトでも、コツコツと続ける事でいつか換金できます。

懸賞なども豪華商品に当選すれば、その商品をオークションなどで売ることもできますしね!そのためにも、たくさん応募することが当選への近道ですから。

ですから、より多く稼ぐためにたくさんのサイトにメンバー登録しましょう。メンバー登録の際に個人情報の入力が必要ですが全てのサイトにメンバー登録をしようとすると、凄く時間が掛かると思います。

メンバー登録の時点で面倒くさくなってしまう人が多いのではないでしょうか。

また、懸賞などの応募で必要事項を入力する場合も、一件や二件なら苦になりませんが、たくさん応募するとなると「かなり骨が折れます」よね (>_<")

たくさんのサイトに登録する際、ID・パスワードの管理が大変です。 いちいちメモしておいたものを照らし合わせてログインするのは大変な作業です。

すべて同じパスワードというわけにいきませんし。

個人情報の入力やID・パスワードなどを簡単入力してくれる無料 ソフトは、ぜひインストールしておく事をオススメします。

また、有料ソフトも優れたものがあるので、自分の合ったものを使い分けるとよいでしょう。

 

 
便利ツール   ソフト

aiBAR2005 ・ aiBAR2000

   ↓
ソフト名aiBAR2005 ・ aiBAR2000 用途 応募フォームへの入力

aiBAR2005(アイバー2005)は、aiBAR2000の改良版でさらに使いやすいソフトウェアになりました。aiBAR2005(アイバー2005)は、懸賞などの応募フォームへ名前や住所などを自動的に入力するソフトです。1回1回入力するわずらわしさから解放されます。

.NetFrameWork 再配布パッケージがないためにインストールが中断する場合は、こちらから「Microsoft .NET FrameWork 1.1 ランタイムパッケージ 」をダウンロード、インストールしてから、aiBAR2005をインストールすれば問題なく完了します。

不良パパも Microsoft .NET FrameWork 1.1 が入っていませんでしたが、手順どうりにランタイムパッケージをインストールして問題なくソフトの起動までいきましたよ!

起動の仕方は、インストールが完了するとデスクトップに「aiBAR2005で懸賞に応募」というアイコンができますので、これをダブルクリックするだけです。またはタスクバーの スタート→プログラム→aiBAR2005 からも起動できます。

aiBARをインストールします。

デスクトップの下のような↓アイコンをダブルクリックします。

aiBAR2005 デスクトップアイコン


起動すると↓下のような画面が表示されるので、必要事項などを記入しましょう。

aiBAR2005 入力画面


入力が終わると、↓下のような画面がデスクトップに表示され、あとは懸賞応募するだけ!

aiBAR2005 起動メニュー


 

aiBAR2000(アイバー2000)の起動

ダウンロードしたファイルを実行するとインストールが始まります。起動後、デスクトップ上部のaiBAR2000の右端のボタンでメニューが出てきますので、このメニューから設定したり、ヘルプを参照できます。

VB6ランタイムなしVB6ランタイム付きが用意されていますが、ランタイムがわからない方はVB6ランタイム付きをインストールすれば問題ありません。

起動の仕方は、インストールが完了するとデスクトップに「すぐにに応募」というアイコンができますので、これをダブルクリックするだけです。またはタスクバーの スタート→プログラム→aiBAR2000 からも起動できます。

デスクトップの下のような↓アイコンをダブルクリックします。

aiBAR2005 デスクトップアイコン


起動すると↓下のような画面が表示されるので、必要事項などを記入しましょう。

aiBAR2005 入力画面


入力が終わると、デスクトップ上に↓下のようなバーが表示され、あとは懸賞応募するだけ!バーの表示は上か下に設定できます。

aiBAR2005 起動メニュー


aiBAR2005 ・ aiBAR2000共に起動するとブラウザが立ち上がるので、そのまま懸賞応募もできますし、他の懸賞サイトでも使用できます。立ち上がったブラウザを消しても問題ありません。

 
ダウンロードは↓こちらから

aiBAR2005・aiBAR2000

 

このページの上へ

ID Maneger

   ↓
ソフト名ID Maneger 用途 ID・パスワード管理

ID Managerはインターネット上で発行される、複数のIDとパスワードを管理するツールです。インターネットを使用していると、いろいろなサイトでIDとパスワードの登録を求められます。

その数はインターネットを使えば使うほど増えて、パスワード管理は非常に大変になりますが、だからといってすべてのサイトに共通の簡単なパスワードしか使用しないのはセキュリティ上問題があります。

このソフトを使うと、このような複雑なパスワード管理を簡単に行えます。また、IDやパスワードの入力支援機能もついていますので、非常に便利です。

 

ダウンロード

まずは、下の「ダウンロードは↓こちらから」から、ID Managerをダウンロードしましょう。

左のメニューの「ソフトウェア」か、真ん中のメニューから「SOFTWARE」をクリックしてソフトウェア一覧のページに移動します。

「詳細をみる」をクリックし、ID Managerのページへ移動します。

ID Manager最新リリースをダウンロードする(インストーラー付き)EXE形式という項目をクリックします。

ダウンロードしたら、ダブルクリックでインストールが開始されます。

ソフトの起動

ID Managerをインストールします。

デスクトップの下のような↓アイコンをダブルクリックします。

ID Manager デスクトップアイコン


起動すると↓下のような画面が表示されるので、新規ユーザーをクリックしましょう。

ID Manager 入力画面


すると↓下のような画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを記入しましょう。

ID Manager 入力画面


入力が終わると、↓下のような画面がデスクトップに表示され、あとは設定をするだけ!

ID Manager 起動メニュー


設定の仕方は、ダウンロードしたサイト内でとてもわかりやすく説明しているので参考にしてくださいね。「ID Managerのダウンロード」のすぐ下に「ID Manager使い方マニュアル」があります!

 
ダウンロードは↓こちらから

ID Maneger

 

このページの上へ

DrePos(どりぽす)

   ↓
ソフト名DrePos(どりぽす) 用途 定型文の入力

定型文の入力を支援する為のソフトです。あらかじめ入力しておいた定型文を、ボタンを押すだけでテキストボックスなどに入力出来ます。懸賞などのWebフォームへの個人情報入力、パスワード管理、テキストエディダ等のヘルパーとして使用できます。

こちらのソフトは、VB6ランタイムが必要ですので、まずはこちらからダウンロードしてインストールしておきましょう。

ランタイムとは、ソフトなどをを実行する際に必要となる部品のようなもので、ソフト実行時にランタイムが必要かどうかは、アプリケーションソフトの開発に使われた開発ツールによるそうです。

ランタイムはアプリケーションソフトに同梱されている場合もありますが、同梱されていないとWebサイトなどからダウンロードして自分でインストールしなければならない場合もあります。

フリーのソフトは、同梱されていないことが多いので、パソコンをセットアップしたときにインストールしておくと何かと便利です。

 

ソフトの起動

DrePosをインストールします。

デスクトップの下のような↓アイコンをダブルクリックします。

DrePos デスクトップアイコン


起動時画面

矢印の青いボタンで定型文の入力画面になりもう一度押すと、入力画面を閉じます。

矢印の赤いボタンで住所録入力画面になりもう一度押すと、入力画面を閉じます。

DrePos 起動画面 DrePos 定型文入力画面 DrePos 住所録入力画面

定型文入力画面
DrePos 定型文入力画面


住所録入力画面
DrePos 住所録入力画面


それぞれのボタンを押すことで本体の右側に入力画面が表示されます。例えば、よく使う挨拶文や自己紹介などを定型文に登録しておけばクリックするだけで簡単に入力でき、いちいち手打ちしなくてすむので、かなりの時間短縮になります。

左側の本体上部のボックスに「あいさつ」などと名前を入れて、その隣に定型文を入力して青いボタンを押すと右画面が閉じます。

あとは、定型文を入力したいテキストボックスなどをクリックして名前を付けたボックスをクリックすれば定型文が自動入力されます。

数字のボタンごとに登録できるので、「足りなくなっちゃった〜」なんてことはないでしょう (^O^) 簡単でとても操作がしやすいので初心者でも感覚的に使えるソフトです。

DrePos 定型文入力画面


 
ダウンロードは↓こちらから

DrePos

 

このページの上へ