タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

迷惑メール

 

お小遣いサイトに限らず、サイト管理には掲示板やメールは最低限必要なものです。お互いの情報交換やフォローなどに欠かせませんよね。ですが、サイトを公開したとたん、迷惑メールがくることがあります。

これはメールアドレスを収拾するソフトがあって、それでサイトを自動で見てまわり、メールアドレスを収拾しているからです。そしてそれを元に、ダイレクトメールやウイルスを、自動で送りつけるのです。

また、送信者のメールアドレスを偽装することもできるので、あなたのメールアドレスで迷惑メールやウイルスがばらまかれていることも・・・。そうならないための対策も必要です。

これらのソフトは、「@」アットマークが無ければメールアドレスを取得できないものが多いそうです。

CGIなどを使わずにmalitoを利用して簡単にメール送信をすることができますよね。malitoを利用してメールを送信するようにしている場合はとくに注意ですね!

この場合、ソース(タグ)の中にメールアドレスを記述していてメールソフトを起動して送信するようになっています。

下のように↓タグ内にメールアドレスが記述されています。

<a href="malito:メールアドレス">〜</a>

メール送信 ※クリックするとメールソフトが立ち上がります。

下のような↓フォームタイプも同じように、malitoを利用しているものはタグ内にメールアドレスが記述されています。

アドレス

名前(HN可)

コメント

<form action="mailto:メールアドレス" method="post" enctype="text/plain" name="mail"> アドレス<br> <input type="text" size="20"name="アドレス"><br> 名前(HN可)<br> <input type="text" size="20" name="送信者"><br> コメント<br> <textarea name="コメント" rows="2" cols="20"> </textarea><br><input type="submit" value="送信"> <input type="reset" name="mail" value="リセット"> </form>

そこで、エンティティコードと呼ばれる物で、これらのソフトに見つからないようにメールアドレスなどをWeb用の文字コードのようなものを使って対処します。もちろんHTML全部をコードで書くこともできます。

ですが、すでに迷惑メールが来ている場合はある程度は覚悟するか、可能であればメールアドレスを変えましょう。掲示板への書き込みも注意が必要ですね。

下記のサイト様に、メールアドレスをエンティティコード化するフリーソフトや、HTMLをコード化するフリーソフトがあるので、おすすめです。

・オンラインソフトAppli Box & Cup のページ

 

このページの上へ