タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

各ページ毎にキーワードを変えましょう!

 

不良パパもそうですが、何かほしい情報があるときは検索エンジンを利用します。

検索サイトでホームページを検索するとき、自分が探している情報に関連するキーワードで検索します。このとき検索結果に表示されるページは、必ずしもトップページというわけではありません。

情報の詳細ページのほうがキーワードが含まれることが多いので、トップページ以外のページが検索結果にでることがあります。

訪問者がほしい情報があるページなのかどうか判断しやすくするために、タイトルなどをそのページのテーマになっているキーワードにするなどの工夫が必要です。

それと、キーワードで検索するときに複数のキーワードで検索することもあるので、一つのページにいろいろなキーワードを入れるのではなく、そのページごとに決めたテーマに関するキーワードを入れていけばそれだけ効果的です。

ページのキーワードに関して、大きく分けると4つのポイントがあります。検索結果に各ページを表示させるには、それぞれのページ内に上手にキーワードを入れることが大切です。

  • タイトル内のキーワード

Google などの検索サイトは<TITLE>タグ内のキーワードを重視するそうです。<TITLE> 〜 </TITLE>内には、キーワードを含むようなサイト名をおすすめします。

たとえば、当サイトのテーマは「タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!」ですから、
<TITLE> 〜 </TITLE>に入るサイト名は、「タダでネットでお小遣い」です。とてもシンプルですが、サイト名だけでも、どんな内容のホームページなのかわかりやすいですよね。

また、サイト名でわからなくても「タダでネットでお小遣い〜?」って感じで興味を持って訪問してもらうのも狙いの一つです (⌒〜⌒)ニンマリ

「英語のサイト名」や「しゃれたサイト名」などで何のホームページなのかわかりずらいものだと、なかなか訪問してはくれないでしょう。

  • ページ上部のキーワード

ページの上にあるテキストほど、検索サイトは重要視するそうです。最近では、多くのサイトがホームページのロゴよりも上にキーワードを含む紹介文などを入れています。当サイトもトップページの上部に入れています。

この場合、不自然にならないように単語ではなく、文章でキーワードを入れましょう。単語ばかりを並べているだけだと、スパム行為になるので注意しましょう。

  • タグでキーワードを囲む

検索サイトは、HTML タグを理解してキーワードの重要性を判断しているそうです。ですから、ページ内で重要なキーワードは、<H1><STRONG>タグで囲うことが必要です。

重要なキーワードは<STRONG>で囲み、見出しなどは<H1>などで囲みましょう。

ただし、<H1>タグは、そのページ内に一つのみとなっているので、その下は<H2><H3>などを使いましょう。<H2><H3>は、順番さえ守れば1ページ内に何回でも使えます。

  • キーワードをテキストに入れる

検索では、ページ内にどれだけキーワードが含まれているかによって、検索されたキーワードに関連している内容かどうかを判断しています。不自然にならないように文章内にキーワードを入れましょう。

ただし、必要以上にキーワードを入れすぎるとスパム行為となりますので注意しましょう。ようするに、文章として自然であれば問題ないということです。

 

このページの上へ