タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

.htaccess を活用

 

 

.htaccess とは、Apache などの Webサーバで使用できる、Webサーバの動作をディレクトリ単位で制御するためのファイルです。

何ができるかというと、CGI や SSI などを実行するための宣言(命令)や、ユーザ認証、IPアドレスやドメイン単位でのアクセス制限などを書き込むことができます。

通常、サーバの設定は httpd.confファイルにて設定されますが、このファイルを編集することができるのはサーバ管理者のみとなっています。

私たちのようにレンタルサーバ等を使用してWebサイトを運営されている管理者の方は、.htaccessファイルを利用することで自分の Webサイトの設定を行うことができます。

サーバによっては .htaccessファイルの設置を許可しない設定にしている場合もあるので使えるかどうか分からない場合は、サーバの管理者に問合せましょう。

ちなみに管理人が利用しているレンタルサーバー「 ロリポップ 」は、.htaccessファイルを設置することができます。

.htaccessファイルで設定した内容は、.htaccess ファイルがあるディレクトリとそのサブディレクトリに効果があり、効果があるディレクトリに入っているファイルすべてに影響をおよぼします。

また、サブディレクトリにも .htaccessファイルを別に置くこともでき、この場合は両方のファイルの効果が発生します。

例 1:http://123456.com/ (index.htmlと同じ場所)に .htaccessファイルを置くと、サイト内の全てに適用。

例 2:http.//123456.com/bbs (掲示板と同じディレクトリ)に .htaccessファイルを置くと、bbs のディレクトリ内の全てに適用。

むずかしいお話は抜きにして、どんな事ができるかを見てみましょう!

.htaccessファイルの作成

このページの上へ

.htaccessファイル自体は普通のテキストファイルです。テキストエディタ・メモ帳などで編集可能です。

Windows などの場合、 「 .(ドット) 」 から始まるファイル名は使えないので、 「 htaccess.txt 」 といった別名で編集し、 FTPでアップロード後にファイル名を .htaccess に変更します。

その後は、直接そのファイルの内容を編集すればファイル名の変更をしなくて済むので簡単です。

404 エラーページ

このページの上へ

サイトにページが存在しない場合やアドレスの打ち間違いなどで下のような 404 エラーページが表示されますよね。


レンタルサーバーロリポップの場合


ロリポップ 404エラーページ

そのエラーページを自分で作ったものを表示させることができます。当サイトは、 404 エラーページを独自ページにしています。こんな感じのページです。

404 エラーページを独自ページにするメリットは、サイトリニューアルなどでページが存在しなくなった場合にお気に入りに登録していたユーザーが再訪問した際、↑上のような味気ないページが表示されてトップページへのリンクもなければ、すぐに他のページへ飛んでしまいます。

不良パパもそうですが、必ずしもトップページをお気に入りに登録するとは限りません。404 エラーページを独自ページにしてトップページへのリンクを記述しておけば、再度訪問してくれる確立がたかくなりますよね。

また、検索エンジンを利用してそのページに飛んでみたら404 エラーページが出たことがありますよね。せっかくお客様が自分のHPに来てくれたのに、リンクミス等でエラー画面が表示されては申し訳ないですよね。

例:ルートディレクトリの中 ( FTPソフトで接続して最初に表示されるディレクトリ ) に 「 404.html 」を作成した場合。※普通は、index.html がある場所。

.htaccess に記述

または、

404 エラーページの作成
<body> 〜 </body> に記述して 「 404.html 」 を作成します。

  • それぞれ入力が終わったら保存します。
  • 保存したファイルをFTPでアップロードします。
  • 作成した 「 エラーページファイル 」 と「 htaccess.txt 」 を、FTPで指定したディレクトリにアップロードします。
  • アップロード後、 「 htaccess.txt 」 のファイル名を 「 .htaccess 」 に変更します。
  • htaccess.txt のファイル名を .htaccess に変更

※ファイルのパーミッションは、ロリポップなら 「 604 」 にします。パーミッションについては、ご自身のレンタルサーバーに問い合わせるかヘルプなどを参照してください。

テストでご自身のホームページ内で存在しないURLを入力し、作成された404エラーページが表示されるかどうかを確認しましょう。

「 .htaccess 」 のファイルの最後の行の末端に改行が入ってない場合エラーになります。

「 .htaccess 」 で指定したパスは正しく記入されているか、確認しましょう。

「 .htaccess 」 のパーミッションが正しく変更されていない場合正常に動作しないことがあります。

「 .htaccess 」 の記述に間違いがあるとそのディレクトリ以下にアクセスすると必ず 「 500 Internal Error 」 が表示されます。

この画面が表示されたら 「 .htaccess 」 ファイルの記述をもう一度確認しましょう。

404エラーページ作成に関する注意事項
ErrorDocumentは、エラー発生時のページを基点にエラーページ表示を行ないますので、画像のパスを 「 http://から始まるURL 」 で指定していない場合、画像のリンクが切れる場合があります。エラーページで画像を使用する場合には、「 http://から始まるURL 」 で指定しましょう。

404エラーページに関する注意事項
404エラーページに限り、エラーページのサイズが小さすぎると、表示されない場合があります。ページの容量が1Kバイトを超えるように、ファイルを作り直しましょう。サイトのバナーなどを入れれば 1Kバイトは簡単に超えるのでご心配なく。

特定のホスト/IPによるアクセス制限

このページの上へ

特定のホスト・IPからのアクセスを許可、または制限することができます。

例えば、掲示板を荒らされたので荒らしからのアクセスを弾きたい(書き込みさせない)、宣伝禁止の掲示板なのに宣伝の書き込みやソフトを使用しての連続書き込みなどを拒否したい場合に利用できます。

大きく分けると以下の 2種類の方法があります。

  • 特定のホスト・IP からのアクセスのみを拒否して、その他のホスト・IP からのアクセスは許可。
  • 特定のホスト・IP からのアクセスのみを許可して、その他のホスト・IP からのアクセスは拒否。

特定のホスト・IP を制限(拒否)する場合
.htaccess に記述

  • order allow,deny…allow(許可)、deny(拒否)の順番を記入します。
  • allow from all…特定のホスト以外のアクセス全てを許可すると言う意味です。
  • deny from…制限をかけたいホスト・IPを指定します。複数指定する場合は、1行ずつ指定していきます。
※deny from の例:
■deny from abc.arasi.ne.jp → abc.arasi.ne.jpというホストからのアクセスを拒否します。
■deny from .arasi.co.jp → ○○○.arasi.co.jpというホストからのアクセスを拒否します。
■deny from 123.456. → 123.456.○○○.○○○というIPからのアクセスを拒否します。

特定のホスト・IP のアクセスのみ許可する場合
.htaccess に記述

  • order deny,allow…deny(拒否)、allow(許可)の順番を記入します。例をそのままコピーしてください。
  • deny from all…特定のホスト以外のアクセス全てを拒否すると言う意味です。例をそのままコピーしてください。
  • allow from…許可したいホスト・IPを指定します。複数指定する場合は、1行ずつ指定していきます。
※allow from の例:
■allow from abc.iihito.ne.jp → abc.iihito.ne.jpというホストからのアクセスを許可します。
■allow from .iihito.co.jp → ○○○.iihito.co.jpというホストからのアクセスを許可します。
■allow from 123.456. → 123.456.○○○.○○○というIPからのアクセスを許可します。

 

このページの上へ