タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

広告素材の種類

 

広告の種類は各 ECサイトにより様々ですが、「バナー」「テキスト」「メール」「商品リンク」などがあります。

はじめの3つは、ECサイトのトップページやキャンペーンページにリンクされるものが多く、商品リンクは紹介したい商品の画像を利用して、その商品の紹介ページに直接リンクすることができます。

また、ECサイトによっては商品の検索ボックスやそのままコピー&ペーストするだけでHTMLページが作れるHTMLソースを用意しているところもあるので上手に利用しましょう。

自分のホームページのデザインに合わせて、「シンプルな作りのページならテキストリンク」、「派手な作りのページなら色を合わせてバナー広告」という感じで使い分けることができます。

画像を多く使用しているページは重くなるので、リンクは「テキスト」など使い方はいろいろですね。(^◇^)

広告の種類

  • テキスト
テキストでリンクするシンプルなもので、サイト名や商品名などの短いテキスト
  • バナー
「468×60」「120×60」など、いろいろなサイズのバナーと呼ばれる画像のような広告
  • 商品リンク
商品の画像や商品名などで、直接商品の詳細ページにリンク
  • 自動更新リンク
自分のホームページに関連性のある広告や商品のランキングなどを自動で表示するリンク
  • HTML
商品などの詳細をまるごと1ページ、コピー&ペーストのみで作成

 

このページの上へ