タダでインターネットでお小遣い稼ぎましょう!

タダでインターネットでお小遣いを稼ぎましょう!

スポンサードリンク
 

アフィリエイトってな〜に?

 

「ホームページでビジネス」っていうと、とてもむずかしいことのように聞こえますが、ホームページを持っている人なら誰でも簡単にはじめることができるのが「アフィリエイトプログラム」です。

「アフィリエイトプログラム」とは、「アフィリエイト」「成果報酬型広告」とも呼ばれるもので、ホームページの運営者が ECサイト(オンラインショップ)やポイントサイト・企業などと提携して自分のホームページに広告を貼ります。

訪問者がその広告をクリックして ECサイトでお買い物をしたり、会員登録や資料請求をしたりすると、そのホームページの運営者は購入金額に応じた報酬や決められた報酬をもらえるという仕組みです。

ECサイトなどと提携するには、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)と呼ばれるものを利用します。

ASPとは、ECサイトとホームページ運営者の提携を仲介するサービスです。ASPに登録すると管理画面などでアフィリエイトを実施している ECサイトの一覧を見ることができます。

その中から自分が提携したいサイトを選んで提携申請をして、承認されれば、用意されているバナー広告やテキスト広告・商品画像を使って、自分のホームページに広告を貼ることができます。

有名な A8.net やバリューコマースなどの ASP など、たくさんの ASP がありますが、どれも登録や会費などはタダなので、いくつかの ASP に登録しましょう。

同じ広告でも各ASP により報酬が違う場合があるので、いちばん報酬金額の高い ASP の広告を選んで貼れるように、いくつかの ASP に登録しておきましょう。たとえわずかでも「ちりも積もれば・・・」ですからね!

選ぶ広告の種類ですが、できるだけホームページの内容に合わせて貼ることが必要です。どんな人が見に来るのか・どんなコンテンツなのかによって、できるだけ内容に合う ECサイトなどと提携をします。

例えば、当サイトはお小遣いサイトなので、ポイントサイトの会員登録や ASP の登録に関する広告を貼っているように、自分のホームページのコンテンツ(内容)に合う広告を貼ります。

理由は、商品や情報を探しているユーザーはほとんどの場合、Google などの検索でほしい情報のキーワードで検索しています。

そのキーワードに関連性のあるものが検索結果で表示され訪問してくれるのですから、関連性のない広告を貼っていてもユーザーには興味のないもの。

それと、やたらにバナー広告をベタベタと貼るだけでなく、ちょっとした管理人のコメントを書いておくなどの工夫も必要ですよね!

 

アフィリエイトに必要な手順

  • ホームページ作成
  • 関連性のある ECサイトなどと提携
  • 承認されれば ASP にログインして管理画面にてアフィリエイト用の HTMLソースをコピー
  • 自分のホームページに貼りつける

ASPの広告の種類については、下表を参考に自分のホームページにあわせて掲載するとよいですよ!

広告の種類 内容
クリック課金型 広告を1クリックしてくれたら○○ポイント支給するという広告方法です。サイトのアクセスアップに用いられます。
ページビュー課金型 広告が掲載されているページが○○回表示されたら○○ポイント支給するという広告方法です。ページビューの多いサイトにオススメです。
成功報酬固定型 資料請求や問い合わせ、会員登録、売上が上がった場合などに、一定の○○ポイントを支給するアフィリエイトならではの広告方法です。
成功報酬売上換算型 売上が上がった場合に、その売上金額の○○%分のポイントを支給するという広告方法です。売上が上がらなければ広告費用が発生しない、アフィリエイトならではの広告方法です。
 

このページの上へ